S&Kの稼ぐ!広報PR

マスコミで紹介されたいとき最初に読むブログ「究極のマスコミ初登場術」

(テキスト版)まちがってる?ポジショニング

 

今回は
フリーランス・起業家はポジショニングを間違えている
えっ?というちょっと衝撃的な話をしていきます。

(動画版)まちがってる?!ポジショニング - S&Kの稼ぐ!広報PR (kenjiz.com)

 

 

みなさん、タイトルをみて頭の中にクエスチョンマークが浮かんでいる人も多いと思います。


そう今日はフリーランス・起業家・個人事業主のみなさんが
その他大勢に埋もれてしまうことなく、
顧客・仕事などを優先的に獲得できる優位なポジションをとるための話です。 

 

私がこの話をしようとすると、


「人脈をコツコツ積み上げているから大丈夫」
 「インターネットとかの広告?」
「SNSで毎日発信すればいいって、はなし?」

って声が返ってきます。

 

そして多くの人は
「その他大勢でけっこう」

「今のままでいい。もうこれ以上、なにもできないよ」
と思っているんじゃないかと思います。


たしかに、

普通に考えたら、
みなさんお仕事でもご家庭でもおいそがしいから、これいじょうできない。

このままでいい。
何とかやっていけているからその他大勢でも仕方ないって思いますよね?


でも心底のところでは、もっと上へ!

ですよね。
そのために出来ること。

現状の中でもできることあるんです。


みなさんも思ったことあるんじゃないでしょうか?
自分が扱っているこの商品、このサービス、知ってもらいさえすれば、
多くの人に買ってもらって、役にも立てるのになあ。
そんなふうに考えた経験ありますよね。


わたしも過去にそう嘆いていました。
この商品、サービス、みんなの役に立てるのになあ。

知ってもらえたらなあ。と。


ただそのためにできる一般的な方法が
新聞やインターネットに広告を出す。
バンバン広告を出せる大企業が勝つ時代だったんですよね。
 
もしこの方法をみなさんがやろうと思っても、
失礼ながら難しい話ですよね。
だから資金力がものをいってしまう。

その他大勢に大勢が埋もれていってしまう。

 


ただ今日わたしが紹介することをやってみるだけで
その他大勢から抜け出し、

業界で地域で優位なポジションに立てるようになります。


市場で顧客があなたの分野の商品・サービスを考えた時に
上位で思い浮かべてもらえるようになります。


実際にわたしも、
今日紹介する方法を実践したことで、
業界でのポジションが格段にあがりましたし、
正確に言うと独自のポジションを築けました。


顧客からのご指名が激増しました。
その後、自分の知人やそのまた知人に頼まれてお教えして、
その方々も
業界内や地域で優位なポジションを取れています。


つまり、

その他大勢から抜け出て、集客力が上がり、売上がアップして収益アップとなり
それまでよりも良いビジネスライフ、日常生活を送られています。


あと今回紹介する
その他大勢から抜け出すマスコミ活用方法以外にも
一つ意識するだけで
ポジショニング、マーケティング、ブランディング力を一撃で伸ばす方法も配信していくので
そういった動画を
これからも見逃したくない人は
今のうちに
チャンネル登録をしておいて貰えればと思います。

 


まずいきなり結論なんですけど、
その他大勢から抜け出すにはマスコミを活用するといい
あなたやあなたの商品・サービスがマスコミで取り上げられる方法があります
何をすれば良いのかというと「マスコミにニュース、話題を提供する」ことをしないといけない。


証拠があります。
みなさん
私は、NHKで1回、地方紙で2回、全国紙地方面で8回、全国紙全国面で1回、自分が所属する業界紙で7回、顧客側の業界紙で4回、顧客側の業界月刊誌で1回
合計24回もマスコミで紹介されてきました。

自分自身だけの数字です。
知人、コンサル先を含めるとこの3倍くらいにはなります。


おかげで業界内では特異なポジションを得ています。
 

私がマスコミで数多く取り上げてきていただいたものを、
広告費に換算額は小企業では考えられないくらい莫大なものです。


全国紙全国面にも載ったので、おそらく通算で1000万円分は超えています。


私を取材してくれた記者さんに聞いてみたことがあります。
「この記事をもし広告で載せるとしたらいくらくらいかかるんですかね?」と。


地方紙や全国紙の地方面で20万円~30万円。
全国紙の全国面だと安くても80万円ということでした。

確かにwebで調べてもそれくらいの金額のようです。
NHKに取り上げてもらったこともあるのですが、それは金額換算の目安がありませんでしたので入っていません。


ただ、記者さんに言われたのは
「広告は広告として読者は見るけれど、記事は広告じゃないですから、
その信用性や影響力はけた違いですよ。記事書いた自分が言うのも何ですが」
うーん、確かにそうですよね。


つまり、

マスコミで紹介されるということは、ポジショニング、マーケティング、ブランディングなど事業にかかわる部分への好影響が計り知れないほど莫大なものなのです。


みなさんが、同業のライバルたちのその他大勢から抜け出し、
ポジショニング、マーケティング、ブランディングを確立して
良いビジネスライフ、家族と喜べる良い日常生活を送るためには
マスコミを活用するのが良いんです。


今このブログを見て、

特別なことをやっているからでしょ?
特別な人間だから可能なんだよ。
とかもしかして思っていませんか?


そんなことはありません。
だれだって、だれの仕事だって、その商品・サービスなどを望む人がいるから成り立っているはずです。


この方法、マスコミにニュース、話題を提供して、取り上げてもらうことは、あなたにもできることです!
だから自信持って!

 


今後も関連する話をアップしていきますので、
よかったら読者登録をして、一緒に勉強していきましょう。


また、いろいろな形で情報提供できるように公式LINEを立ち上げました。
ぜひ登録しておいてください。

https://utage-system.com/p/B4xmROrBQthE

 


公式LINE立ち上げ記念で、

今なら豪華特典を無料でお配りしています。


その内容は
①amazonランキング3冠を獲得した書籍「究極のマスコミ初登場術』の中から
重要なポイントをお伝えしたプレミアム動画の視聴権利。


②書籍「究極のマスコミ初登場術』の原稿一部とアルファ―の情報が入った電子書籍。


③LINE講座『広報PRのきほんのはなし』全5回


④note未公開記事「マスコミにニュース・話題を送るときはどこに送る?どう送る?どう探す?」の購読権利。


⑤無料個別相談会の特別参加権利


以上を手に入れていただけます。


広報PRについて全くの初心者からでも勉強しものにしてもらえる環境を用意しています。
LINE登録をしてぜひ手に入れておいてください。豪華特典は今だけです。

 


それでは今日の復習は一つ
みなさんが、同業のライバルたちのその他大勢から抜け出し、
ポジショニング、マーケティング、ブランディングを確立して
良いビジネスライフ、家族と喜べる良い日常生活を送るためには
マスコミを活用する。


ということで今回も
最後まで見てくれてありがとうございました