S&Kの稼ぐ!広報PR

マスコミで紹介されたいとき最初に読むブログ「究極のマスコミ初登場術」

広報PR戦略のプレスリリースは、売上を最大化させる魔法!?

 

マーケティングと広報PRについて

 

マーケティング、広報、PR、そしてプレスリリースは、

企業やブランドが自身のメッセージや価値を効果的に伝えるための重要なツールです。

 

 

マーケティングは、

製品やサービスを顧客に販売するための総合的な戦略を立案し、実行するプロセスです。

 

これには市場調査、顧客ニーズの分析、広告キャンペーンの設計、販売促進活動の展開などが含まれます。

 

 

広報は

企業やブランドのイメージや評判を管理し、公共の関心を引きつけるための活動です。

 

広報活動には、マスコミとの良好な関係構築やイベント企画、コミュニティエンゲージメント、危機管理などが含まれます。

 

 

PR(Public Relations)は、

企業とその関係者との間で信頼と理解を築くことを重視しています。

 

PR活動の一環として、

プレスリリースが重要な役割を果たします。

 

プレスリリースは、

新製品の発表や企業の重要なアナウンスメントなど、マスコミに対して情報を公開するための形式化された文書です。

 

プレスリリースを使用して、マスコミに情報を提供し、広く配信することができます。

 

ツールを組み合わせる

これらのツールを組み合わせて使用することで、フリーランス・小さなお店・会社は自身のビジネスやブランドを成功裏にプロモーションするための重要な手段を得ることができます。

 

 

 

プレスリリースのメリットとデメリット

 

メリット


- 商品やサービス、企業の信頼が向上し、消費者の信頼性が高まる。


- 様々なメディアに取り上げられることで、企業の知名度が向上し、消費者の目に触れやすくなる。


- 費用対効果が高く、マーケティングに大きな効果をもたらす。


- 投資家やビジネスチャンスを引き寄せる可能性があり、業務提携や人材採用などにつながる。

 

 

デメリット


- 媒体側が使いたいと思わなければ掲載されないため、掲載が確約されない。


- 広告主が内容をコントロールすることができず、批判的な取り上げられる可能性がある。


- マスコミに取り上げてもらうためには時間と手間がかかり、掲載が保証されない。

 

 

広報PR戦略とプレスリリース

 

プレスリリースは、

マーケティング戦略と同様に、ブランドを構築し、マスコミに掲載してもらい、自社のストーリーを伝えるうえで重要なコンテンツです。

 

ただ単にプレスリリースを作成し続けるだけでは効果がありません。

 

その役割を理解し、多くの人を魅了しつつ、注目を集めるようなプレスリリースを書き上げましょう。

 

プレスリリースを実施することで、本来多額の費用(広告費・出演料など)がかかる新聞や雑誌、テレビを無料で使うことが可能になります。

 

つまり、フリーランス・小さなお店・会社でも大企業に対抗できる、もしくは同様の施策を打つことができます。

 

必ず取り上げられるという保証はないのでリスクはありますが、メリットを理解して活用していきましょう!

 

まとめ

 

このように、マーケティングと広報PR、そしてプレスリリースは、フリーランス・小さなお店・会社のビジネス成功において不可欠な要素であり、戦略的に活用することで効果を最大化できます。

 

 

 

重要で効果的な広報PRの戦略とは

フリーランス、小さなお店・会社が成功するためには、

商品・製品やサービスの優れた点を

多くの人に伝えることが不可欠です。

そのために、
効果的な広報PR戦略が重要となります。

広報PRは、

知名度向上や信頼性の構築、
新たなお客さまの獲得、
既存のお客さまの維持(さらなるファン化)など、

さまざまな面で
あなたの収益向上に貢献します。

 

◇広報PRの効用➀ 

知名度アップ

 

まず、

広報PRを活用することで、
知名度を高めることができます。

マスコミやオンラインメディアを通じて
あなたやその商品・製品・サービスを紹介することで、
多くの人々に存在を知ってもらうことができます。


知名度が高まると、
人々が選択する際に、
あなたの名前、商品・製品・サービスが
頭に浮かびやすくなります。
(第一選択肢になり得ます。)

 

◇広報PRの効用② 

信頼性アップ

 

さらに、

広報PRは信頼性を高める効果もあります。

マスコミや専門家からの前向きな紹介や評価は、
信頼感を醸成し、
多くの人に安心感を与えます。

信頼性があれば、
人々は、商品・製品やサービスを購入する際に
より積極的にあなたからの購入を検討するでしょう。
(フリーランス、小さなお店・会社であっても
大企業に十二分に対抗できます。)

 

◇広報PRの効用③ 

新規開拓

 

また、

広報PRは新たなお客さまの獲得にも効果的です。

あなたやその商品・製品・サービスが
マスコミやオンラインメディアで取り上げられることで、
新たなお客さまに興味を持ってもらえるきっかけとなります。

これによって、
市場での競争力を高め、新たなお客さまの獲得につながります。

 

◇広報PRの効用④ 

お客さまのファン化

 

さらに、

広報PRは
既存のお客さまの維持(さらなるファン化)
にも役立ちます。

マスコミやオンラインメディアで
あなたの商品・製品やサービスが取り上げられることで、
既存のお客さまはその価値を再認識し、
ロイヤルティを高めることができます。

また、

マスコミを通じて提供される情報や特典は、
既存のお客さまにとっての付加価値となり、
あなたとの関係を強化します。

 

◇広報PRは収益向上ツール

 

総括すると、

広報PRは
あなたが収益を増やすための重要なツールです。

あなたやその商品・製品・サービスの
知名度向上信頼性の構築
新たなお客様の獲得
既存のお客様の維持(ファン化)など、
さまざまな側面で事業の成長を促進します。

あなたが成功するためには、
効果的な広報PR戦略の活用が欠かせません。

フリーランス、小さなお店・会社であっても
大企業と十二分に渡り合い、
多くの人から選ばれるようになれるのです。


そして、

広報PR戦略において
有効な戦術が「プレスリリース」です。

そのプレスリリースにも書き方・送り方のコツがあります。

 

 

活用すべきは、プレスリリース

◇ フリーランス、小さなお店・会社のための

     プレスリリース活用の重要性

 

フリーランス、小さなお店・会社が成長し、

競争力を高めるためには、
積極的な広報活動が不可欠です。

その中で、
費用が掛からないプレスリリースは、
資金や人材が限られている

フリーランス、小さなお店・会社にとって、
非常に有効な手段となります。

◇プレスリリースのメリット

1. 広報範囲の拡大


プレスリリースは、
フリーランス、小さなお店・会社の

重要なニュースや発表を配信し、
マスコミを通じて広く伝えることが

できる機会を得ることができます。

これにより、
あなた、あなたの商品・製品・サービスの

知名度向上や
信頼性の確立につながります。

 

2. 費用対効果の高さ

プレスリリースは、
一般的に無料で送信されるため、
広告費用をかけずに

マスコミ露出を得ることができます。
費用対効果の高い広報手法です。

これは、資金が限られている
フリーランス、小さなお店・会社にとっては
貴重なメリットです。

 

3. SEO効果


オンライン上で公開されたプレスリリースは、
あなたのウェブサイトの検索エンジンランキング

向上に役立ちます。

特にキーワードを適切に配置することで、
あなた、あなたの商品・製品・サービスの

オンライン可視性が向上し、
お客様獲得にもつながります。

 

4.信頼性の向上

マスコミがフリーランス、小さなお店・会社の

プレスリリースを取り上げることで、
その情報は一定の信頼性を持ちます。

マスコミの報道によって発信した情報が

裏付けされます。

これは、
フリーランス、小さなお店・会社が

お客様や投資家の信頼を獲得し、
ライバル社との差別化を図る上で重要です。

 

◇プレスリリースのデメリット

 

1.掲載保証の不確実性

プレスリリースを送信しても、
マスコミで取り上げられる保証はありません。

マスコミがあなたのニュースを採用するかどうかは、
その内容や時事的な関心事に左右されます。

 

2.情報の制御が難しい

プレスリリースがマスコミで採用された場合、
あなたはその情報の制御を失う可能性があります。

マスコミがあなたのニュースを独自の視点で
編集・解釈することで、
本来の意図と異なる情報が伝わるリスクがあります。

 

3.適切なタイミングの調整

プレスリリースの送信タイミングは重要ですが、
適切な時期を見極めることが難しい場合があります。

ライバル社の発表や時事的なイベントとの

兼ね合いを考慮しなければなりません。

 

4.情報の過度な公開

 

プレスリリースであなたが公開する情報は

一般に公開され、
ライバル社やお客様にも閲覧されます。

情報の適切な管理が必要であり、
あなたの戦略や機密情報が

漏洩するリスクが存在します。

 

◇まとめ

フリーランス、小さなお店・会社の皆様には、
プレスリリースを

積極的に活用していただきたいと

強くお勧めします。

ただし、
プレスリリースは、
広報活動を行う上で

強力なツールであることは

間違いないのですが、
メリットとデメリットを理解した上で

適切に活用することが重要です。

適切な情報の選定やタイミングの調整、
情報の管理に十分な注意を払うことで、
プレスリリースを効果的に活用し、
あなたの広報戦略を強化することができます。

費用が掛からず、
効果的な広報手段として
プレスリリースは、
あなた、あなたの商品・製品・サービスの

成長と競争力向上に

貢献することができます。

ぜひ、
あなたの重要なニュースや取り組みを広く伝え、
多くの人々に知ってもらうために、
プレスリリースを活用しましょう。

 

 

大きな影響力を持つ広報ツールとは?

フリーランスや小さなお店、
または小規模な会社であっても、
ビジネスの繁栄において
マーケティングやブランディング、
広報、PRは非常に重要
です。

しかし、
それらを実現するのは難しいと

感じることがあります。


そんな中、
比較的手軽に活用できるツールが

プレスリリースです。


プレスリリースを活用することで、
自身のメッセージや価値を効果的に伝え、
ビジネスの認知度や信頼度を

高めることができます。


つまり、
プレスリリースは

フリーランスや小規模な事業者にとって、
大きな影響力を持つ広報ツール

となり得るのです。

 

 

広告に代わるニュース発信の力~効果的なマスコミ露出戦略~

 

 

広告に代わるニュース発信の力 

~効果的なマスコミ露出戦略~

 

 

 

どうすれば多くの人に知ってもらえる?

 

 

商品・サービスの売上をアップしたい!けど

 

・良い商品・サービスなのに知られていない

・良いものだけどライバルが多い

 

多くの人に知ってもらえれば売れるはず!かな?

どうすれば多くの人に知ってもらえるだろう?

 

 

<広告を出す>

 

<チラシを配る>

 

<DMを送付する>

 

どれも費用・時間がかかる。大量の作業が必要(汗)

 

 

マスコミ(新聞・テレビ・ラジオなど)が取り上げてくれれば良い!

 

 

 

日々の業務の中でやるの?

 

 

でも、

毎日の仕事や雑用で忙しい、、、

毎日こなすべきタスクがどんどん出てくる、、、

 

そんな中で

「何を」「どうやったらいいか」

調べることさえ大変な労力がいる。

 

ましてや実行できるのか??

 

 

 

どうする?!

 

 

とりあえずリサーチ。

 

どうやったらマスコミに??

広告?!それは高くつきそうだ。。。

 

ニュースを作ってマスコミに送ればいいらしい!

 

ニュースになるようなネタを社内で探して、

資料にしてマスコミに

こんなんありますよー!

 

と送ってみたらいいみたい。

(これをプレスリリースと言います。)

 

かかる費用は紙代・fax代・郵送代くらい。

・紙、fax、郵送はマスコミに送るだけなので費用は少ない。(大量ではない。)

 

・プレスリリース(ニュース)は、考え方とコツが分かれば難しくない。

フォームに流し込むだけ。

 

 

ここまでは分かった。

 

果たして、

 

あなたは

 

「質」を確保したニュース(プレスリリース)を作り、発信し、

マスコミから紹介される機会を得ることができるでしょうか?

 

 

 

簡単とまでは言えないが割とできる方法

 

 

マスコミで紹介されることは確かに難しい。

 

でも実は、

 

ピントが合った

ニュース発信(プレスリリースなど)をすると

 

簡単にとまでは言いませんが割とできます。

 

 

ピントを合わせる

そして

ポイントとコツさえ押さえておけば。

 

 

また、

既存のフォーマットやテンプレートを利用することで、

 

最小の努力で、

一定の品質のニュース候補を、効率よくコンスタントに生産することが可能になります。

 

 

ニュースの発信をしなければ

マスコミに登場することもできません。

 

 

ニュースを苦労することなく作り出すことができ、

迷うことなくマスコミに届けることができる。

 

 

時機をとらえた的確なニュース発信ができるようになれば

マスコミ登場が近づきます!

 

 

でも?時間が・・・、やり方が・・・、

そうですよね。

 

では、

 

自分の時間がないなら他人の時間を買ってみる。

 

自分にスキルがないなら他人のスキルを買ってみる。

 

たまには他人の力を活用してみるのも良いかもしれませんね。

 

 

 

「プレスリリースかんたん創出」テンプレートを作りました。

項目ごとに、記載されているヒントやアドバイスにしたがって記入していくだけです。

それだけでマスコミの心に届くプレスリリースを作れます。

検討してみてはいかがでしょう。

 

ご興味を持たれましたらお問い合わせください。 

 

 

 

 

 

大量放出するよりも実を取る考え方 ~情報発信(プレスリリース)の成功への近道~

 

 

 

ニュース・情報発信(プレスリリース)は"大量放出"しちゃダメ!

 

 

ニュースや情報の発信において、多くの人々が誤解しているのは、

「大量放出」すればするほど効果的だということです。

 

しかし、

 

実際には質が重要であり、

無秩序な大量放出はむしろ逆効果になることがあります。

 

 

 

 

そもそも大量放出はツライ

 

 

良質なニュースや情報を大量に作り出すことは、容易ではありません。

 

何よりも、

それが効果的に行われるためには、綿密な計画と戦略が必要です。

 

 

広報PRの専門家でない場合は、さらに困難が増す傾向にあります。

 

このプロセスには時間とエネルギーが必要であり、楽しく効果的に取り組むためには、慎重なアプローチが求められます。

 

 

 

 

大量放出するよりも実を取る考え方

 

 

質の高いニュースや情報を提供することは、

成功への近道です。

 

 

そのためには、

 

テーマや目的に沿った情報の厳選が不可欠です。

 

情報の正確性や魅力的なコンテンツを重視し、

 

ターゲットオーディエンスにとって

 

有益な情報を提供することが重要です。

 

 

大量放出で注目を集めることも重要ですが、

その前にマスコミの関心を引くことに焦点を当てることが肝要です。

 

 

 

 

結論

 

 

ニュース・情報発信は、

単に大量に情報を広めることではなく、質の高い情報を提供することが重要です。

 

大量放出ではなく、実を取る考え方に立脚し、

慎重かつ効果的な戦略を構築することが、成功への近道です。

 

 

関連記事

pr.kenjiz.com

pr.kenjiz.com

 

 

 

 

 

 

 

ほんのわずかな費用でマーケティング戦略の重要な役割を果たす方法とは

 

 

広告と記事の違い

効果と費用の比較

 

 

 

「広告費を掛けたくない・掛けられない」

「マスコミ登場の費用対効果が分からない」

 

という悩みを抱える方は少なくありません。

 

 

広告を出してもマスコミで紹介されても、

その費用対効果を実感するのは簡単なことではありません。

 

 

来店客数の増減や問い合わせの反応などは、

その効果を正確に測定することが難しく、経費を掛けにくい状況に陥りがちです。

 

 

 

「広告」と「記事」には大きな違い

 

 

しかし、

「広告」と「記事」には大きな違いがあります。

 

 

例えば、

会社がマスコミで紹介された記事の場合、

その記事の価値は広告の比ではありません。

 

 

記事の効果や信用度は

広告とは比べ物にならないほど高く、その影響力は大きいと言えます。

 

 

具体的な事例を挙げると、

 

新聞での記事の場合、地方版面の上部1/3程度を使われることも珍しくありません。

 

 

これを広告に換算すると、

その費用は100万円を下らないとされることもあります。

 

 

一方で、

記事に掛かる費用はほんのわずかであり、

マーケティング戦略の一環として重要な役割を果たします。

 

 

 

平等な機会をつかみ取る

 

 

マスコミ登場は、

会社の大小に関わらず平等な機会があります。

 

広告出稿に比べると掛かる費用は少なく、

その効果は計り知れないほど大きいです。

 

ですから、

これにチャレンジすることは重要です。

 

 

「何をどこから始めればいいのか?」

という疑問もあるかと思いますが、その点についても別の記事で取り上げていきますので、またこのブログをチェックしてみてください。

 

ぜひ。

 

 

あなたのチャレンジをサポートしています。

 

関連記事

pr.kenjiz.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新聞 vs SNS:情報発信の新たな視点

 

現代社会において、

SNSの普及が進む中、新聞は時代遅れなのか?

 

多くの人がそう感じているかもしれませんが、実はそうでもありません。

 

 

 

新聞は、広報PRにおいて不可欠な存在

 

 

その理由は以下の通りです。

 

 

1. 情報量の豊富さ

 

新聞はSNSやネットニュースよりも情報量が圧倒的に多く幅広いトピックを網羅しています。

 

 

2. ニュース価値の判断が容易

 

記事のタイトルや掲載面積などから、そのニュースの重要性がすぐに理解できます。

 

 

3. 情報源としての信頼性

 

多くのネットニュースは新聞記事を元にしており、新聞は情報の信頼性の基盤となっています。

 

 

4. 情報の有料性

 

SNSやネットニュースは基本的に無料ですが、新聞は情報を入手するために購入コストを負担する必要があります。

 

そのため、

新聞に掲載される情報は信頼性が高いとされます。

 

 

5. 記事の客観性

 

SNSやネットニュースはタイトル重視の記事が多い一方、新聞は客観的でバランスの取れた記事が特徴です。

 

 

6. 信頼度の差

 

マスコミでの紹介を目指す場合、

新聞やテレビでの取り上げられるニュースの信頼度は高くその価値は大きいです。

 

 

 

 

◆ 広報PRの重要性

 

 

広報PRによりマスコミで紹介されることで、

自身やビジネスの信頼度が向上し、ブランディングにも貢献します。

 

そのためには、

品質の高いニュースを提供することが不可欠です。

 

フォーマットやテンプレートを利用することで、効率的に情報を整理し、マスコミに届けることが可能です。

 

 

 

◆ 新しいスタイルにチャレンジ

 

 

SNSでの情報発信と並行して、広報PRを活用することが重要です。

 

自身の時間やスキルに限界がある場合は、専門家の助けを借りることも一つの方法です。

 

 

新聞とSNS、両者の良さを理解し、新しいスタイルで広報PRを展開することで、マスコミでの露出を広げることができます。

 

 

 

こちらもご覧ください。

pr.kenjiz.com

 

 

 

 

ニュースや情報を発信する楽しさを持続する方法

 

 

このブログでは、

マスコミで注目される方法について解説します。

 

マスコミでの露出を増やし、

収益向上に繋げたいと考える方々に向けて、

効果的なマスコミ露出の方法を提供します。

 

特に、

フリーランスの方や小規模企業・店舗経営者が

初めてマスコミに登場するための内容となっています。

 

 

 

概要

 

1.マスコミで注目されたいなら、定期的なニュースや情報発信が不可欠!

 

2.ニュースや情報発信を続けるのは大変?!

 

3.ニュースや情報を定型化することで継続が容易に

 

4.定型化の壁は思っているよりも低い(メリット多し)

 

5.ニュース・情報発信=継続可能=業務効率化

そして【マスコミ登場!】

 

 

 

 

マスコミで注目されたいなら、

定期的なニュースや情報発信が不可欠!

 

 

 

自身や自身の商品・サービスがマスコミで取り上げられると、その影響は大きいです。

 

知名度が上がり、

集客力が高まり、

信頼性が向上し、

結果として収益も増加します。

 

では、

 

マスコミで注目されるためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

マスコミ関係者は、

社会的価値のあるニュースや情報を求めています。

 

SNS上で情報を発信することで注目されることもありますが、

 

やはり、

 

直接マスコミに情報を提供することが効果的です。

 

 

そのためには、

 

マスコミに提供するニュースや情報を自ら発信する必要があります。

 

 

 

 

ニュースや情報発信を続けるのは大変?!

 

 

 

マスコミにニュースや情報を提供することは容易ではありません。

 

一度取材を受ければ良いというわけではなく、通常、それほど簡単なことではありません。

 

なぜなら、

 

マスコミには日々多くのニュースや情報が寄せられています。

 

その中から選ばれるためには、他社との競争に勝たなければなりません。

 

これは容易なことではありません。

 

 

大量の競合から抜け出すためには、情報を新しい視点で提示したり、伝え方を工夫したり、他の情報と差別化したりしながら、継続的に発信する必要があります。

 

 

しかし、

 

この継続が困難に感じられることもあります。

 

日々の業務やタスクが山積みであり、ニュースや情報発信に割ける時間が限られているからです。

 

 

 

 

ニュースや情報を定型化することで継続が容易に

 

 

 

マスコミで注目されるためには、

定期的にニュースや情報を発信する必要があります。

 

その際に、

 

以下の点について詰まることがよくあります。

 

1.どのようなニュースや情報を発信すればよいのか

(ニュースや情報の作成)

 

2.どのような形式で発信すれば良いのか

(プレスリリースの原稿作成)

 

3.具体的にどのメディアに向けて発信すれば良いのか

(リリースの方法や宛先)

 

 

 

・ニュース作成やプレスリリースの原稿作成

 

毎回1から作業しなくて良いようにテンプレート化しておきましょう。

 

 

・リリース方法は

 

FAX、郵送、Eメール、訪問などさまざまあります。

 

 

・リリースの宛先は、

 

自分が注目してもらいたいマスコミをリストアップしておく必要があります。

 

 

これらを事前に準備しておくと、次回以降の発信が容易になります。

 

 

 

 

定型化の壁は思っているよりも低い(メリット多し)

 

 

 

定型化により、作業が簡素化され、ニュース・情報の発信が容易になります。

 

このような効率化が、継続的な発信や仕事の効率化につながります。

 

 

 

 

ニュース・情報発信=継続可能=業務効率化

そして【マスコミ登場!】

 

 

 

マスコミでの取り上げられることは、集客やブランディングにつながります。

 

そのため、

 

ニュース・情報発信に取り組むことは、ビジネス成功への重要な戦略の一つです。

 

最終的にはマスコミでの露出を得ることが、ビジネスの成長に繋がります。

 

 

関連記事

pr.kenjiz.com

 

 

 

 

 

トンネルからの開放感!長い道のりを振り返る #プレスリリース

長いトンネルを抜けることができたので

気持ちが明るくなりました。

 

そして、これまでの悪戦苦闘を振り返りました。

 

過去のプレスリリースをすべて取ってあります。

内容、送った日時・手段、送り先など。

 

送った日時を振り返ると、

試行錯誤したことがよく分かります。

いろいろな曜日、時間帯を試しています。

 

送った手段は、

全てFAXでリリースしていました。

(今は郵送や記者クラブに持込みもしています。)

 

送り先は、

大手メディア、地方紙、業界紙。。。

 

内容は、、、、

これがいけなかった。(と思います。)

 

こんなに詰め込んでFAXで読めるか?!

詳しく説明しすぎだろ!?

大学のレポートかこれは??

わけわからないタイトル・・・・

このプレスリリースが来ても自分でも読まないかもな・・・・。

 

今見ると

ダメだったところがよく分かります。

(おそらくここがダメだったんだなあと。)

 

 

プレスリリースには

送る日時よりももっともっと大事なところがあります。

外せないコツというかツボというか。

 

 

長い長いトンネルに入る前に知りたかった。

プレスリリースで押さえておくべきポイント、コツ、

そして、極意を。